リフォーム

温泉棟

右手の階段の先が入口です。

ヒュッテ不思議童子のお風呂(温泉棟)は早くも築15年

あちこち不都合が生じることとなり、リフォームすることとなりました。

8月3日完成予定となっております。

風呂桶

15年傷んだ風呂桶

リフォームの主なところは風呂桶。

見た目以上に傷んでおり、何よりもお湯が漏れてしまって

通常に排水される状態でしたので、気付くのが遅れました。

風呂桶解体

風呂桶解体し始めた大工さん

がんがん音がするので見にゆくことしばし。

不安になるから行かないほうが良いかな。

工事途中

風呂桶のまだ床下部分

まだかなまだかな。

 

4 コメント

コメントを書く»
  1. 木の風呂桶には、やはり水に強い性質を持つ材料が選ばれます。奈川は木曽と飛騨に繋がり、尾張藩に所属していた事もある地域!木曽五木は(ヒノキ、アスナロ、コウヤマキ、ネズコ、サワラ)伐採禁止されていた針葉樹林の貴重な材木でした。不思議童子はその中のサワラを選びました。水に強く、木肌の美しさと香りがいいのです。もうじき完成かな、写真でも木の美しさが見られますね。

  2. 岸川です。
    miyaさんって、旧姓 柴田美也さんじゃないですか?
    もしそうなら メール返信ください。
    よろしく・・・。

    1. はい! そうです。京都生まれの京都育ちです。

  3. 懐かしいお顔を拝見しびっくりしました。
    最近の私は陶芸三昧で、狭い庭に窯を設置して徹夜で焼いています。
    是非一度訪問したく思っています。
    その時はよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>