業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月07日 [FAQ]

水道工事のトラブルについて質問です

我が家は二世帯住宅なのですが、それぞれの世帯で水道や電気のメーターは別々に設置してもらっています。
しかし最近ですが、水道料金の請求が入れ替わっていたことに気づきました。
早速、水道局に問い合わせたところ、なんと新築時の業者による施工ミスだったことが判明しました。
つまり、新築時から今まで、水道料金の請求金額がそれぞれ間違っていたことになります。
市からの話では、多く払っていた世帯には返金が、少なく支払っていた世帯は追加で支払うということになるそうです。
当然、このような事態を引き起こした業者には連絡をとり、損害賠償請求などを行う予定です。
同様のケースは、よくあることなのでしょうか?
そして、どのような対応をするべきでしょうか?

回答

完全な人為的なミスによる水道工事のトラブルです


よくあることではありませんが、少なくないミスでもあります。
ただし、施工業者に100%の過失があるか、というと必ずしもそんなことはありません。
もちろん、大前提として、業者がミスしたがことが原因ですが、水道料金の点検員が初回点検時に確認が漏れていたことも、原因として挙げられます。
つまり、水道局にも責任の一旦があるわけです。
なので、本来ならば、過払いの世帯には返金を、過少払いの世帯はそのままという対応がほとんどです。
今回は、過少分を請求されるということなので、業者にこの分の金額を支払ってもらうように交渉するのがベストかと思います。
あとは、業者に正規の施工図を再度水道局に提出し直すことを徹底してもらいましょう。
今後、修理や水道工事をするときに、この点が曖昧だとトラブルになりかねませんので。
人が施工している以上、どうしても起こってしまうミスです。
また、二世帯住宅では、一般的には他人ではなく親族で住むわけですので、集合住宅のような緊張感は抜けていたことが原因でしょう。
水道工事を行なった業者としても、おそらく初めてのケースではないはずです。
なので、菓子折りを持ってごめんなさい+過少払いの金額はメーカー補填というところが妥当な線だと思います。
あなたが、それ以上に大きな損害を被ったということであれば、その金額を請求することはできますが、実際問題として、そこまで大きな損害があったわけでもないでしょう。
実際の損害金額と、今後の対応をお願いするくらいにしておきましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク