業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月11日 [FAQ]

水漏れしたときの応急処置を知りたいです

この前、自宅で水漏れしている箇所があったのですが、どのように対処するべきなのか分からずに困ってしまい、結局業者に連絡をして修理してもらったのですが、今後も同じようなことがあるかもしれないと思って、不安な気持ちになりました。
そこで質問したいのですが、万が一水漏れが起きたとして、どのような応急処置をするべきなのか、そのための方法を教えてもらいたいです。

回答

タオルを巻いたり止水栓を閉めたりする


水漏れする可能性のある箇所としては主に排水管と給水管があり、それぞれどのように応急処置するべきなのかそのための方法は異なっているため、どのような対処法をするべきなのか知っておくことは大切です。
排水管とは水を使用したときに水が流れていく場所であり、逆に言えば水さえ使わなければ排水管で水漏れが生じてしまうことはないと考えることができるため、もし排水管の水漏れを確認したならば、その時点から業者が修理に来るまでの間は水漏れが発生している設備を使わないようにすればいいでしょう。
たとえば、トイレやキッチンの排水管から水漏れが生じてしまうことがあるのですが、これらの場所にある排水は悪臭を伴ってしまうケースが多く、油分が流出してしまうようなこともあるため、水漏れを見つけたときには絶対に使わないようにすることが大切です。
給水管が水漏れしてしまうケースもあるのですが、この場合は常に水が給水管に満たされている状態となっているため、水漏れの被害がどんどん広がってしまう可能性があり、もし手が届くような場所に水漏れを見つけたならば、その部分をタオルできつく巻いたりバケツで水を受け止めたりすることによって対処できます。
ただし、タオルを巻いたとしてもどんどん水が漏れてくるケースもあるため、その場合は止水栓を閉めてしまい、水の給水を完全にストップさせてしまうことによって対処することができます。
下手に給水管の水漏れを自分で対処しようと考えてしまうと、余計に被害が広がってしまうことがあるため、自分で給水管を分解しようとしてはいけません。
いずれの場合にしても水漏れについては早急に対処することが求められるため、応急処置をしたならば、すぐに業者に連絡をして来てもらうことが大切であり、そうすることによって、その日のうちに水漏れに対処してもらうこともできるのです。
水漏れによって壁や床下が濡れてしまうことがあり、集合住宅の場合は階下の住民にまで迷惑をかけてしまいトラブルに発展してしまう可能性もあるため、くれぐれも水漏れには注意をして、応急処置の仕方はきちんと覚えておくようにしましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク