業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

トイレの水が止まらなくなってしまいました。応急処置にはどんな方法がありますか?

トイレの水が止まらなくなってしまいました。
タンクには水が溜まっているので、トイレが流れないということはないのですが、タンクのところに溜まるようの水がずっと流れています。
ものすごく水道代がもったいないのでどうしようかなと考えていますが、水道工事はなかなか忙しくて依頼することができません。
そこで、応急処置の方法があれば、教えてください。
よろしくお願いします。

回答

応急処置としては止水栓を止めましょう。


とりあえず、そのままにしておくとタンク内に水が溜まりすぎて、タンクから水漏れしてしまう可能性があるので、水は止めた方がいいですね。
「止水栓」という、元栓みたいな部分があるので、それを閉めてください。
そうすると、トイレの水の供給が止まるので、水が止まるはずです。
止水栓は、トイレのタンクの隣にあることがほとんどです。
ハンドルになっているタイプや、マイナスドライバーで止めるタイプなどがあるので、まずは水を止めましょう。
忙しくて水道業者を呼ぶ時間がないということですが、早めに呼んで修理してもらった方がいいでしょう。
水が止まらない原因はわからないので、原因を突き止めないと、トイレで用を足して、流す度に止水栓を開いて水が出る状態にして、ある程度貯まったら止水栓を閉じる、ということを繰り返さなければなりません。
単純に手間がかかりますし、止水栓というのは、そこまで閉じたり開けたりすることは想定されていないので、あまりいじるのはよろしくありません。
止水栓が壊れると、水が溢れ、トイレが水浸しになってしまい、被害が甚大になる可能性もあるので、今の段階で早めに修理した方がいいと思います。
トイレの修理については、原因にもよりますが、今の段階ならば数千円の費用と、1時間程度の時間を見ておけば、修理できると思います。
24時間対応してくれる水道修理業者もありますし、事前に帰宅の時間が分かっていれば、夜でも対応してくれる業者もあります。
ぜひ、早めに修理してくださいね。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク