業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道工事コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

水道の引き込み工事に対する助成金などはありませんか?

私は地方に住んでいる者ですが、実家の隣にある古い家を取り壊して建て替えすることを検討しています。以前、祖父母が住んでいた家ですが2人が他界してからは我が家の物置状態で色々な不用品や季節家電や布団など、置き場に困るものをそこに置いている状態です。私は昨年結婚し、地元のアパートに住んでいましたが現在妊娠3ヶ月で子供の出産を控えていて、アパートでは手狭なため引越しを考えていました。そんな中、両親から建て替えて住んではどうかと提案をもらったのです。両親の隣に住むのは旦那にとって重くはないか心配しましたがむしろ喜んでくれて安心しています。解体から建て替えまでの工事の相談を進めていますが、元々ある家が築80年位のものなので水道が通っているとはいえ、引き込まれている水道管が現在の水道局への申請に通らないかもしれないと言われました。それにより配管のやり直し工事が発生する場合があるとのことでした。現段階では状態が分からず、水道管がどのように引き込みされているか確認する必要があるそうです。古い家の場合、近所のお宅の敷地を経由して引き込みされていることもあるそうです。もしそうならば配管を引き直す費用が発生するので困ったなと思っています。このようなことはよくあるのでしょうか?このような水道工事に対して助成金などは支給されないのでしょうか?

回答

水道引き込み工事に対する助成金はありません。全て自費工事です。


住宅を新築される場合、水道本管から家の敷地の中に配管を引き込む分岐工事をする必要があります。現在の家を取り壊し、建て替え工事を行う場合は引き込まれていますが、引き込まれている口径が小さい場合、水圧の加減で水道局の申請が通らない場合があり、口径を大きくするための配管やり直し工事が必要となるケースがあります。家を建てられたのがかなり前のことなので適正するかは水道工事会社の調査結果を待ちましょう。また、古くからある敷地の場合、水道の引き込みが他人の敷地を通過しているケースがあります。その逆もあり、将来的なトラブルを避けるためにも新しく引き込み直すことが勧められるのです。何か問題が発生した場合に補償問題に発展しかねないからです。もし他人の水道の配管が自分の敷地内を通過していれば、相手方に配管をし直してもらうように相談するのが無難ですが、場合によっては揉め事に発展することもあり厄介です。このような工事には高額な費用がかかることも珍しくありません。
水道引き込み工事に対する補助金はありませんが、他の水道関係の工事で補助金が出る場合もあり自治体によっても異なります。「水道工事コンシェルジュ」というサイトでおススメの水道工事業者が紹介されていますので参考にされ、相談されるとよいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク